イタリア製コーヒーミル、ほか入荷。

見惚れる美しさのイタリア製コーヒーミル。ハンドル部分がとても大きく全長36センチ程度。女性用下着と男性用シャツ(ボタンのついたの)はイタリア製が最も美しいと思っていますが、ともにファンデーションであることを考えれば、女性を女性らしく、男性を男性らしく見せる、という点において根底は同じ考えなのだと思います。共に薄布をまとうだけなのに圧倒的に裸より美しい。というより、ものすごく美しい裸体をもっているように錯覚させる薄布。そしてコーヒーミルも美しい国、イタリア。

 

特急TSUBAMEのトートバッグ。丈夫な帆布製です。若干の汚れがありますが未使用。

 

 

菜の花色のガラスタンブラー。これからの季節はレモネードやジンジャエールが美味しいですね。話は逸れますが、ウィルキンソンの瓶入りジンジャエールはとても好きなのですが、ペットボトル入りの辛口の方のジンジャエールは、必ずむせます。香気を吸い込むと自動的にむせますので呼吸を止めて飲みます。原材料には辛味成分は入ってないようでしたので、香料ですかね?

 

 

赤被せ切子の片口と、ワイングラス、クリスタルのタンブラーほかグラスもろもろ。 オーストラリアのHARDYSというワイナリーはバギンボックスなどでとても安価なワインを提供していますが、ここのスパークリングワインだけは600円程度ながらかなりコストバフォーマンスが良いと思います。安価なだけにフレッシュなレモンジュースを入れて飲んだり、キールにしたりと気軽にアレンジして飲めますので、グラスに合わせて楽しみも増えます。

 

 

  

純銅製のマグカップとビアグラス。左のハイネケンロゴ入りのほうは持ち手のついたマグです。キンキンに冷えたハイネケンはもちろん、モスコミュールにも。

 

 

二眼のアイレスフレックスとヤシカエレクトロ35。共に現状です。

 

 

イブサンローランのサングラス、追加。

 

 

KYUSHU RAILROAD GRAFFITI 1889年から1989年のJR九州百年史。

 

こちらは1987年から1996年のJR九州10年史。

 

 

_

1965年(昭和40年)のILLUSTRATED LONDON NEWS。世界で初めてニュースをイラストレーション主体で報じたイギリスの週刊新聞ということです。1842年創刊で1971年まで週刊でその後は月刊に移行。

 

 

    

ものすごく重厚な表装の郵便切手帳。1997年のもの。1ページに1枚の切手という贅沢さ。

 

 

そのほか世界遺産シリーズ、歌舞伎切手帳、ふるさと切手帳などもろもろあり。

 

 

KINGSTONのアームライト。クランプ式。

 

飛騨産業の子供用椅子、2脚。背もたれのデザインが少し異なりますが、座面の高さはほぼ同じ。